大人の男の嗜み!?機械式時計の手入れと必要性

時計はステータスの象徴です

男性は女性と違ってアクセサリーを身に付けないものですが、唯一、腕時計だけは付けることを許されています。それどころかステータスシンボルでもあって、ある程度の年齢や地位、名声を手に入れたなら良い腕時計を身に付けたいものです。この時に機械式時計を選ぶ人がいて、手動でネジを巻かなければいけないという面倒くささがありますが、一流の職人がすべての技術を費やして作られた芸術品といってもいい品で、人気が高くなっています。

手間を楽しむことが大人の嗜み

機械式時計の特徴は電池ではなく手動になっていて、決まった時間にネジを回す必要があります。電池で勝手に動いてくれる一般的な時計と比べてかなり手間がかかりますが、人によってはそれこそが良いという場合があります。大人の男性にとって余裕は必要なものとなっていて、機械式時計のネジを巻くというのは馬鹿馬鹿しいことにも思えますが、そのアナログさこそが求められるものであり、ネジを巻く時間こそがかけがえのないものになるのです。

手入れの時間を楽しむこと

大人の男性に求められるものとして、ステータスはもちろんのこと、余裕も重要な要素になってきます。自分だけの時間を持つこと、これこそが大切なポイントであり、自分の持っている機械式時計のネジを巻く時間は大切なものになるでしょう。朝なら一日のスケジュールを考えながら、夜は一日を思い返しながら、大切な時計のネジを巻く時間というのはかけがえのないものとなります。ステータスの象徴でもあり、ひとつは手に入れておきたいものです。

ウブロは時計の中に「融合の芸術」を表現するスイスの高級時計メーカーです。1979年創業と若いブランドながら様々な新素材を利用した時計を売り出して絶大な支持を得ているブランドです。