七五三のお祝い、マナーを知ってハレの日を過ごそう

七五三の意味と由来とは?

七五三とは、子どもの健やかな成長を神様に感謝し、これからの幸せを祈る、お祝いの行事です。数え年で3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子が、11月15日に神社へお参りをします。地域によっては、男女の別なく、3歳・5歳・7歳を祝うところもあります。昔は子どもの死亡率が高かったので、七五三によって、子どもの健康を祝っていたのです。またこれらの年齢は、子どもの成長の節目でもあり、3歳で髪を伸ばしはじめ、5歳で男の子の袴をはき、7歳で女の子の着物帯を身につけ始めるとされていました。

七五三の正式な服装とは?

子どもの服装は、男の子は羽二重の着物に揃いの羽織、そして袴、女の子は着物に結び帯だとされています。しかし近年は服装も変化し、よりおしゃれな着物を選んだり、動きやすいカジュアルな洋服を選んだりすることも多いです。着物を希望する場合は、レンタル業者を利用すると便利です。また、お参りは洋服で行き、記念撮影のみ着物をレンタルして行うケースも増えています。両親の服装は、昔は母親なら留袖とされてきましたが、大切なのは子どもを引き立てることです。両親ともに、シンプルな和服やスーツが良いでしょう。

お祝いの贈り物は、何を選べば良い?

七五三は家族や親族を中心にした祝い事なので、他人はさして関わらなくても問題ありません。もし知人や近所に七五三の子どもがいる場合は、贈る側・貰う側に無理のないような、簡単な贈り物で良いでしょう。また親しい関係ならば、七五三に必要な小物や、子どもが喜ぶおもちゃ、今後の教育に役立つ図鑑などの教材をあげるのも良いでしょう。もし贈るのが七五三当日に使用するものなら、10月中に届くようにし、それ以外の場合は数日前から当日のうちに届けば問題ありません。

七五三とは、7歳、5歳、3歳になったときに、無事に成長したことに感謝をし、これからも無事に成長するようにお祝いする行事です。