長持ちさせたい!古銭を良い状態で保管させる方法

乾燥した場所で保管する

せっかく集めた古銭が錆だらけになってしまっては、もったいないですよね。錆が発生すると、見た目が悪くなってしまうだけではなく、古銭の価値が下がってしまう恐れがあります。古銭を保管するときは、なるべく乾燥した場所を選ぶようにしましょう。錆が出てしまう要因は、空気中にある湿気です。古銭に含まれる銅が湿気に反応して、青錆を発生させています。乾燥した場所が見つからないときは、吸湿剤を置いて湿気を取り除くと良いですよ。

古銭を素手で触らないようにする

古銭のコレクションを手に取って、間近で見たくなるときがありますよね。けれども、たとえ手を洗ったとしても素手で古銭を触るのは、やめましょう。素手だと、手の脂が古銭に付いて汚れてしまいます。付着した手の脂を放置すると、酸化によって古銭が変質したり、光沢が失われたりしてしまいます。汚れや変質を防ぐために、古銭を持つときは必ず手袋をはめるようにしましょう。綺麗な状態を保つことができて、古銭の価値を損なわずに済みます。

保管するときは密閉ケースを使う

古銭を空き箱などに入れて空気に晒された状態にするのは、やめましょう。空気中の埃は、古銭を汚して価値を下げる要因になります。もしも、古銭の細かい刻印に埃が入り込んでしまうと、落とすのが大変です。古銭は密閉ケースに保管して、空気に晒さないようにしましょう。短期間の保存ならば、ビニール製のケースでも良いです。けれども、時間が経つとビニールが変質して、古銭に張り付く恐れがあります。古銭を長期間保存するときは、耐久性の高いアクリル製のケースを使うと良いですよ。

古銭の買取を依頼するなら、必ず査定を申し込みましょう。納得できる価格で買い取ってもらえる確率が高まります。